Home

(2008年7月号)

お米の逆襲?
米粉を見直そう!



高騰する小麦粉価格 ― その代用品として、いま「米粉」が急速に見直されてきました。
「米粉」とは、文字通り米を粉にしたもの。うるち米を製粉した上新粉やもち米を製粉した白玉粉など、団子やまんじゅうの材料として古くから愛用されてきました。しかし、粒子が大きすぎるという理由から、パンやケーキへの利用は敬遠されました。
ところが今では、製粉技術や加工技術の革新によって極微粒の米粉を製造することが可能となった上、小麦粉価格の高騰で割高感も薄れたため、新たな用途拡大の展望がたちまち広がってきました。さらに、政府や地方自治体においても、「米粉」を食料自給率の向上に役立てようと米粉普及の活動が活発化、「米粉」製品のかつてないハイピッチの開発が予想されます。
原料レベルで事実上ノンアレルギーといわれる「米粉」は人にやさしい原材料、ともいえます。また「米粉」の普及で、食生活の選択肢が増えて食料自給率の向上に貢献する、となれば、ご活用を考えてはいかがでしょうか。


*当社の対応

従来から取り扱っている超極微粒の米粉に加え、より水を抱えやすく繋がりやすい新商品も登場!保湿・保形性も抜群でしっとり、モチモチな米粉のケーキを作ることが可能です。
商品に関するご相談・ご注文は、こちらからお願いいたします。